>ホームに戻る

遺言書を残すには、どうしたらいいですか?

最終更新日: 2022年12月7日

遺言は、自筆で作成する「自筆証書遺言」のほか、公証人による公正証書によって行う「公正証書遺言」で残す方法があります。ただ、遺言は一定の要件が満たされていないと、無効となってしまう恐れがあります。そのため、ご自身おひとりで遺言を作成することはお勧めできません。遺産配分など大切な遺言が無効にならないよう、弁護士にご相談ください。

>ホームに戻る >前のページに戻る

他のキーワードで探す