>ホームに戻る

相続は、どの時点で相談すればよいですか?

最終更新日: 2022年12月7日

相続開始後、できるだけ早い時期のご相談をお勧めしています。相続では、遺言書がない場合、問題が起こりやすくなります。遺言書がないとわかった時点で、一度弁護士にご相談ください。実際には、遺産分割協議の話し合いがまとまらず、ご相談に見える方が多い印象です。相続人のほとんどはご親戚同士ですので、早めにご相談いただいた方が後々の禍根を残すことがないようにサポートできます。

>ホームに戻る >前のページに戻る

他のキーワードで探す