>ホームに戻る

1SLDKの「S」、3LDK+Nの「N」とは

最終更新日: 2022年11月23日

物件の間取り表記で「S」や「N」とは、納戸のことです。

建築基準法で「居室」として表示するためには、採光基準や換気などの基準を満たさなければなりません。

そのため、基準を満たさない部屋については「納戸等」と表示されます。

法律上の表記の問題であって、実際には居室と同じように使うこともできます。

>ホームに戻る >前のページに戻る

他のキーワードで探す